Go back where it all begins

おもにエレクトリックギターについて。
なんかページが動画の埋め込みだらけになってしまってごめんなさい…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Takamine NPT-110N


秋はガット・ギターですよね。ちなみに僕は右手の薬指が全く使えません。笑。
| Electric Guitar | 22:54 | comments(0) | -
理想のトーン 2012
 
理想のギター・トーンは年々変化しますが、最近はもっぱらこのロベン先生の弾く
ゴールドトップにやられております。

これを聞くといつでも元気が出ます。
ロベン先生は客演というかたちでしょうが
とりあえずこのRioSambaでは完全にラリーをくってますよね。


 

この頃のバンド編成大好きです。特にドラムのトス・パノス。
これを見るとオリジナルPAFはほんとに角が四角に近かった感じしますね。
トム・ホームズやベアナックルPUなんかは現行ギブソンピックアップより
角が出てる感じしたのですが、これはそちらに近い感じがします。
そして鏡のような艶。




 そしてこの教則DVD。 もうダンブルでなくフェンダーでこれだけいい音が出るなら
僕らがいくらダンブルサウンドを追いかけても 
結局はギターそのものと指先なのか… といろいろあきらめたくなる動画です。

 

なんというか、この「クっ」「キャっ」たまに「リっ」みたいな音がたまんないっす。
| Electric Guitar | 22:55 | comments(0) | -
FUCHS OVERDRIVE SUPREME 30 COMBO その2

相変わらずFuchsに夢中。 "OVERDRIVE SUPREME"という名前がついていますが 
クリーンが気に入りました。 本体でドライブさせるのではなく、
このクリーンに SweetHoneyまたはZenDriveをのせようかと考えています…

    



 【おまけ】 やっぱり弾いてみたくなっちゃうよねー。 
オリジナル音源ではなく、数年前にでたRerecorded版が 
極上クリーンで好みですのでそっちを目指しました。 

 
| Electric Guitar | 21:39 | comments(0) | -
FUCHS OVERDRIVE SUPREME 30 COMBO

ちょっと仕事で国家試験を受けなくてはならなかったのですが、
無事合格したので自分へのご褒美に買ってしまいました

取り急ぎ録音。もちろんアンプ直です。






| Electric Guitar | 22:22 | comments(0) | -
Gibson CustomShop '58Les Paul ('11)

昨年10月に20回払いで購入した我が家で一番高いLes Paul。
つまり現時点ではローンを払い終わっていない訳です。笑。

僕はゴールドトップ・バカだったので、バーストにはいまいち興味がわきませんでしたが、
レモンドロップは漠然と奇麗だなぁと思っていました。
でもやっぱり人気の「フレイム」「59」はいやだなぁ…
しかしせっかくのメイプルでプレーントップもなぁ…

そして57年モデルばかり弾きなれていた僕は、もう59年モデルの特徴とされている
(オリジナルはそんな一概には言えないようですが)薄いネックは不安になるのでした。

そんな変な好みを全て解決してくれる、一目惚れの出会いでした。
外見のみで選んだような言い方ですが、もう、こう好みの外見だと
音もいいように聞こえてしまうので考えても無駄なのです。

写真ではうまく伝わりませんが、ブックマッチという訳ではなく、
ライトフィギュアドといった感じで僕の見てきた数少ない
オリジナル・バーストに近いと手前味噌ながら思っています。

現在も全てオリジナルのままです。
なぜってまだローンが支払い終わっていないということもありますが、
なんとどうやら11年モデルからスタッドボルトが鉄製になったようなので、
いよいよ僕としてはいじるところがありません。

初めて出荷状態のGibson Guitarを手にしましたが、とても弾きやすい印象を受けます。
そして意外な発見はGibsonの弦がなかなかいいことです。
あんまり使っている方いないのでだめなのかと思っていましたが、
なかなか長持ちしてよいと思いました。これ以来、Gibson弦をちょこちょこと試しています。

| Electric Guitar | 17:57 | comments(0) | -
Sugi SH605


 僕はLes Paulはとても完成されたギターだと思うけれど、
たまにそのひょうたんのような形が間抜けに見えてしまうことがある。
まあ、フルアコをサイズダウンしてソリッドギターにしたのだから致し方ないのだけれど。
カッタウェイが上にもあったらもっとアーバンな雰囲気だったろうにな、とは思うんです。

ある日ギター雑誌を見ていると、見慣れない二本のギターが載っていました。
両方国産の(というか国産ギターの特集だったかもしれません)、
まさしく理想的な形をしたギターではありませんか。
一本はT's GuitarのArcシリーズ、
そしてもう一本がこのSugi SH605でした。

T'sのArcも形は美しいのですが、僕は形以外はストップテイルピースにABR-1タイプのブリッジと
トラディショナルな艤装がよかったので、Sugiに強く惹かれました。

しかし、大量生産ではない、しかも上質な材を惜しげもなく使う機種であることからお値段も惜しげなく、手の出る物ではないと思っていました。
その後、雑誌の影響もあってか都心の楽器店に
「国産ハイエンドギター」というコーナーも出来始め、
実物を目にすることも出来るようになりました。

そんなある日、ふらっと楽器店に立ち寄ると「Sugiギター一日限り大特価!」の文字が。

正直、値引きされてもお値段はかわいくありませんでしたが、この一本は新品ではなく、
工場にあったものを持ってきた新古品(楽器店曰くオーダー時に"見本"とするためのものか、とか。どうだかわかりませんが)で、
確かに現行品とは細かいところが異なります。

しかしオーダーとなるとかなりアップチャージなPRSみたいなインレイ(こっちは鳥じゃなくて蝙蝠だそうです)と
家具のようなマホガニーに惹かれて背伸びをしてしまいました…

このギターはそもそも0・09ゲージを前提に考えられており、
購入時も09ゲージが張られていましたが、LesPaul系として使いたい私は
やはり10ゲージに張り替えてしまいました。

このギターで動画を撮っていないので、使用感はまた次回に。

美しいマホガニーを傷つけたくない一心で、我が家では唯一、
バックル傷防止のフェルトが裏に張ってあります。
| Electric Guitar | 18:44 | - | -
Gibson CustomShop '57Les Paul ('93)

今はもう手元にないギターです(左)。
今年初めに、念願のDickeyBetts Goldieを見つけてしまい、さすがにゴールドトップ三本はやりすぎだろう…と考え下取りに出してしまいました。

ご存知、ヒスコレ初年度といわれるもので、ヘッド裏にカスタムショップのスタンプがありました。
ふらっと立ち寄った福島の楽器屋さんで見つけたもので、経年劣化によるクラックや金属のくすみが素敵で、いじり倒すことを決めた97年製に対してなにもせず歳をとらせていこうと思って購入しました。
↓どうでもいいですが、開けてみてびっくり。
ピックアップキャビティもゴールドでした。



↓こちらは97年。でも確かに、こっちの方がどうやって塗装したのかナゾではありますね。



いい音でした。乾燥した木、という感じの軽さで、そのせいかフロントピックアップにモコモコ感が無く
普通センターでするような音がフロントでしていたような気がします。↓
現在の57classicとは違うものかもしれませんが、パワーが無かったと思います。

| Electric Guitar | 18:39 | - | -
Gibson CustomShop '57 Les Paul('97)

最も使用頻度が高い、メインギターです。
近くで見なければわかりませんが各所傷だらけで、
およそヒスコレとは思えない値段で売られていたのを購入しました。

やっぱり楽器であると同時に「工芸品」という印象が強いLesPaulは、扱いに気を使ってしまい、できればぼろぼろの安いのが一本ほしいな、と考えていたのです。

そもそもピックガードやピックアップカバーなどが欠品していたので、気兼ねなく改造をしています。

ピックアップは
フロント:ダンカン SH-PG1n "Pearly Gates"
 リア:BURSTBUCKER PRO

その他
シャーラー M6 チューナー
DMC製スタッドボルト
Angel製アルミ・テイルピース
オーディオメーカーのオイルコンデンサ

…といったところです。
ピックアップはともかく、そんなに耳の良い方ではないので、正直そんな変わるのかと言われたらアレですけど…まあ、自己満足ですよね。

でもテイルピースをアルミにしたことと鉄製スタッドで若干リヴァーブ感がでて、チューナーを重くしたことで音が硬くなった「気」がしています。

↓ノーブランドのオイルコン。でかい。




ピックアップの選定理由は、
フロントのPearly Gatesはリットーミュージックの「ギター・マガジン ピックアップ・ブック」
で一番好きな音だったからです。
普通リアピックアップに惹かれるものでしょうが、DickeyBettsファンはフロントこそキモなのです!
まあ、DickeyBettsの音に近づいたかはギモンですが、ギブソンではない音に気に入っています。




リアは今はなき09年製復刻版RDから移植しました。
このピックアップ、いい音だと思うんですが、人気ありませんね…
つたないスライドですが…↓
(サザン・ロックをやるにあたっては練習しなければなりませんよね・・・(^^;)


| Electric Guitar | 18:34 | - | -
GIBSON '57Les Paul Dickey Betts Model "Goldie"























| Electric Guitar | 18:25 | - | -
Tokai LS95S









| Electric Guitar | 15:17 | - | -