Go back where it all begins

おもにエレクトリックギターについて。
なんかページが動画の埋め込みだらけになってしまってごめんなさい…

<< GIBSON ES-355 | main | "Good bye"再挑戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ノイズ問題
 
アースを増設して安心していたFuchsですが
それでもノイズが多いような気がしていろいろと調べてみました。

そんな中でネットにあった

「とりあえず電源を切り全ての真空管を
もう一度つけ直してみる」

という方法を疑心暗鬼ながらやってみると

…治りました。笑。

もうハムバッカーなら手を離したって
ほぼ冷却ファンの音しかしません。

このアンプは全ての真空管が何らかのカバーで覆われていて
そうそうズレそうにないだろうと思ったのですが
よく考えたら我が家まで陸送ですもんね。

写真を撮り忘れましたが、パワー管6L6がロシアのエレハモ製でした。
エフェクター会社だと思ってたんですが。

出荷状態では違う会社のものがのっているようなので
前のオーナーさんが換えたのでしょうか。

とりあえず古典的な「叩けば治る」は
全く根拠ないわけではなさそうということに驚きました。


| Electric Guitar | 20:54 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 20:54 | - | -
コメント
コメントする