Go back where it all begins

おもにエレクトリックギターについて。
なんかページが動画の埋め込みだらけになってしまってごめんなさい…

<< ギブス | main | ベテルギウス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
この町
 
よく言えば想像力が豊かなのです。
かわいく言えば空想好きです。
でも一番言われるのは妄想癖です。


夕方の犬の散歩をしていると、見慣れない黒い犬が一匹ひょこひょこと近づいてきました。

飼い主は若い奥さんのようでした。お腹が大きかったので、赤ちゃんがいたんだろうと思います。
でも犬の方は大型犬なので、奥さんが犬に引っ張られるようにしてとてとてと近づいてきます。

黒い犬もまだ子供という感じで、うちの犬に興味津々なのですが、こわがってなかなかある程度以上近づきません。
そこは先輩、といった具合にうちの犬が今度は近づき、お互いに挨拶をはじめました。

私たち飼い主も、「こんにちは」と会釈するとニ、三言葉を交わしました。
やっぱり黒犬さんはまだ生まれて数か月。
フラットコーテットかと思いましたが、毛の短い黒ラブだったようです。

少しの会話の間も犬たちはじゃれあうものですから、お互い持っている縄ひもをからまってしまわないように素早く慣れた手つきで交換し合う。この動作は割と好きです。


しばらくすると犬たちも気が済んだようなので「ではまた」「ありがとうございました」とその場を後にしました。

そして心地よい風を受けながら長い下り坂を犬と下っていると、先ほどと同じようにとてとてと、奥さんが黒ラブさんに引っ張られながら追いついてきました。
「すみません、この子が追いかけてしまうんです」

といいながらも、やはりこわがりながら、こっちが振り返るとびくっとして急に近づくのをやめる黒ラブさん。もう一度近づくうちの犬。
再び合流して、坂道を下りました。

曲がり角で、私たちの帰路は左折、黒ラブさんたちは直進というところまできて、今度こそ手を振ってお別れを告げました。


犬を散歩していれば、こういうことは珍しくもなんともないのですが、私にはなんだかあの若奥さんがこの町に不慣れなようなきがして勝手にかわいそうな気分になりました。

きっと結婚して、縁もゆかりもないこの町に引っ越してきて、旦那さんは平日は仕事に出てしまって一人で生活しているのかもしれない。やさしい旦那さんがさびしいだろうと買ってくれた黒ラブの子犬が唯一の話し相手かもしれない。こうして散歩に出かけて、犬のつながりでご近所さんを増やしたいと思っているのかもしれない。ああもっと、この町が素敵なことを話してあげればよかった。

まあ全くの妄想であって、生まれてこれまでこの町で過ごしてるかもしれないし、お腹の赤ちゃんだって実は三人目かも知れない。

ただなんとなく、結婚してもこの町で生活したいと思っている自分にとって、縁もゆかりもない土地に奥さんを無理やり連れてくるのはやっぱりエゴなのかもしれないと思いました。
どこで生活しても、自分が働きにでてしまうことを考えると、少なからずさびしい思いをさせてしまうことに違いはないかもしれないけれど。ならば少しでも、奥さんの実家に近いところで生活するべきなのでしょうか。「きっとこの町を気に入ってくれると思う」というのは余計なお世話でしょうか。

結婚当初さびしい思いをした、という母親の言葉がなぜか離れない私は、犬を連れた若い奥さんにその姿を重ねていたようです。
| 日々。 | 20:53 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | -
コメント
おひさしぶりねー25歳の太郎君。
私もかなりの妄想壁があるので、勝手に妄想して大笑いできますし、大泣きできます。

これは、結婚前のある女の意見として聞いていただきたいのだけど、
私は今、大好きな市川を離れて、知らない町へやってきました。
大好きな家族も、大好きなお友達も、
市川で結婚して、子どもを産んで、ウチの両親に保育園代わりになってもらって、
のんびり看護師続けるっていう、長い人生プランも、
ぜーーんぶ置いて、彼について行きました。

休日一人になると、本当に寂しいです。

職場で嫌な事があって、どうしても早く彼に話して大泣きしたい!
って言うときに限って、彼は仕事から帰って来れなかったり、
一人で家にいる時に限って、雷がゴロゴロなったり。

あー、なんで、こんなに寂しい思いをしなきゃならないんだろ
なんて、考える事もあります。

でも、そんなの、本当に彼次第でさ。当たり前だけど。

おかえりって言うたびに、
あー、一緒に付いて来て本当に良かったなーって思うよ。


きっと、市川にいたって、時に寂しい思いはするだろうし、
四六時中一緒にいる、例えば自営業とかでも、
寂しい時は寂しくなっちゃうんだろうしさ。

だから大丈夫だよ。
太郎君が市川で結婚したいっていう気持ちは大切にしたほうがいい。
実際、市川は本当に素敵なところだし。

長くなってごめん!




| sachi | 2009/05/13 7:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://norariqullari.jugem.jp/trackback/198
トラックバック