Go back where it all begins

おもにエレクトリックギターについて。
なんかページが動画の埋め込みだらけになってしまってごめんなさい…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
耳をこらせば

大好きな曲は、そりゃあもう何度も聞きますよね。
自分の部屋で、車の中で、電車の中で、脳内で。

すると、演奏とあまり関係のないところに気づくことがあります。
以下、細かいのでヘッドフォン推奨です。

有名なところではこちら。トロンボーンのCurtis Fullerソロ中、なぜかリヴァーブがきつくなります。動画では3分ちょうどあたりから。しかもピアノのケニー・ドリューも控えめなタイミングなので目立ちます。
これは単純なエンジニアのミスなのか。
大名盤なので、これは未来永劫このままでしょうか。







続いては、メセニー・メルドーの二枚目から。
メンバーはもちろん曲も演奏も完璧としか言えないと思うんですが
どうしても気になる部分がこの動画だと6分30秒あたり。
メセニーの十八番ギターシンセによるソロが始まったところですが
シールドのコネクタ部分をいじったような、所謂ガリノイズのようなものが
一瞬聴こえます。
上のコルトレーンはまだしも、21世紀のデジタル録音時代なら
消してもいいのでは、と思ってしまう。





こちらは数ある演奏の中でも僕は一番好きなLiz Reed。
特にチャック・リーヴェルのFender Rhodesソロに酔狂します。
Dickeyの不思議な鼻つまみトーンも、押さえに押さえて最終的には
亡きDuaneのフレーズに持ってゆく後半も大好きです。
これはライヴ板なので、何が収録されていてもおかしくはないんですが
3分18秒あたりで、1弦の音程が低いことに気づいたDickeyは
テーマに出てくるおそらく3弦9フレットのEの音を使って
1弦の音程を元に戻します。70年代とはいえ、アンプダイレクトなんだなぁ
と思うシーンです。







これは曲の後半で転調するのですが、何の前触れもなく
ブランフォード・マルサレスの食い気味のフレーズから転調するもんですから
プロの意思疎通ってやっぱりすごいなぁ、とか思っていたんですが何てことはなく
直前の5分43秒あたりでマルサレスがバンド全体に向かって何か言ってました。笑。



そして最大の謎がこちら。
題名からしてロマンの固まりみたいな曲ですが、
聴き所はなんといっても管楽器のハーモニーの完璧さと思います。
本当に耳がいいんだろうな、と思いました。

問題は4分過ぎから始まるフレディのトランペットソロですが
よく耳をこらすと後ろで小さく全く別のトランペットソロが聴こえるのです。
ほんと、よく聴かないとダメですよ。笑。

ライヴ板ではいい演奏だけをつなぎ合わせるのは珍しいことではありませんが
これは僕にはよくわかりません。



| - | 20:38 | comments(0) | -
FUCHS ODS30 Clean Tone (Larry Carlton`s "Sunrise")

最近は、セッション等で出会ったプレイヤーの方々に影響されて

弦高高め
フロントピックアップ結構低め

にハマっています。

僕はずっと、弦高を上げすぎると押弦時に音程がシャープしてしまうのではと
思っていたのですが案外なりませんでした。






音楽の授業で長調、短調と習ったと思いますが
僕は断然短調が得意です。

…根クラなんでしょうか。笑。


| Electric Guitar | 23:09 | comments(0) | -
Fender Telecaster '74 & FUCHS ODS 30
| Electric Guitar | 21:17 | comments(0) | -
"Good bye"再挑戦

弦を交換したらとてもいい音になった97年製。

いやほんと放っておいてごめんよ…




| Electric Guitar | 10:18 | comments(0) | -
ノイズ問題
 
アースを増設して安心していたFuchsですが
それでもノイズが多いような気がしていろいろと調べてみました。

そんな中でネットにあった

「とりあえず電源を切り全ての真空管を
もう一度つけ直してみる」

という方法を疑心暗鬼ながらやってみると

…治りました。笑。

もうハムバッカーなら手を離したって
ほぼ冷却ファンの音しかしません。

このアンプは全ての真空管が何らかのカバーで覆われていて
そうそうズレそうにないだろうと思ったのですが
よく考えたら我が家まで陸送ですもんね。

写真を撮り忘れましたが、パワー管6L6がロシアのエレハモ製でした。
エフェクター会社だと思ってたんですが。

出荷状態では違う会社のものがのっているようなので
前のオーナーさんが換えたのでしょうか。

とりあえず古典的な「叩けば治る」は
全く根拠ないわけではなさそうということに驚きました。


| Electric Guitar | 20:54 | comments(0) | -
GIBSON ES-355

実はこのギターは自分で購入したのではなく
知り合いの方から弾いていないからと譲ってもらったものです。

眺めてみるとなかなか不思議な点が多く、

・ネック裏にCustomShopのスタンプがある
・ブリッジはABR-1ではなく所謂ナッシュビルタイプ(現在は交換しています)
・バリトーンスイッチなし
・シリアルナンバーの前に”B”の刻印がある
・ストップテイルピース(まあこれはオリジナルにももちろんあった仕様ですが)
などなど。
つまり335のネックだけレスポール・カスタムにしたようなスペックです。
そして336と対照的にむちゃくちゃに重い。
両サイド空洞なはずなのにレスポールより重いという。

でも音はとってもいいです。
我が家にあるGIBSONギターのなかで一番大きな音がすると思います。

| Electric Guitar | 18:57 | - | -
GIBSON CS-336

これがとにかく軽いんです。
立って演奏しているとヘッドが下がってくるくらいに。

でも別に軽々しい音がする訳じゃない。
335や339なんかと違って、くり抜いたマホガニーに
メイプルが蓋してある、
つまりチェンバードレスポールの発展型かと。

音は、、、
正直よくわかんないんですが優等生という感じですか。

とにかく軽さです。
何時間ぶら下げていてもあんまり疲れないGIBSON。



いやあ、我ながら楽器紹介になっていない動画ですなぁ。
| Electric Guitar | 18:41 | - | -
Sugi SH605 + Fuchs ODS 30

またまたSugi & Fuchs。
今度はダイレクトで。

実は中古で購入したこのFuchsアンプは、前のオーナーさんが
電源ケーブルを無理やり3ピンから2ピンに
つまりアースを引っこ抜いてあったので少々ノイズが気になりました。

電源ケーブル買い直そうかとも思ったんですが
故障ではないので試しにリード線を増設してみたら案外うまくいきました


なんでこんな難解なかつ雑なデモ撮ったのかわかりませんが、気分です。笑。
あとは本来110Vの電源をどうするかです。
| Electric Guitar | 09:58 | comments(0) | -
Sugi SH605+Fuchs+ZenDrive
 
現在のところまあ自分としては一番Robben先生に近い音かな、と思っている組み合わせです。
(…そりゃそうですよね)
Sugi SH605は以前にも書きましたが0.09ゲージを前提に設計されており、
他のギターと合わせるため無理やり10弦を張っていましたが
やっぱり繊細な設計なのかいまいちの感じでした。

久々に09ゲージに戻すと、思ったほどテンションも気にならず、音は格段と好みになりました。





上の動画はこれ↓の一曲目を弾きたかったんですが、うろ覚えで弾いたら拍が違いました…

ちなみにこの動画71分あります。ちょっと暇つぶしのつもりの方、要注意です。笑。

| Electric Guitar | 21:03 | comments(0) | -
理想のトーン 2012 その2

 Jack Pearson。
好きなギタリストとしてこの人の名前を挙げる20代は少なくとも関東では僕だけと自負しております。笑。 
僕ももちろんAllmanBrothersに彼がいなければ知る由もなかった訳ですが。 RobbenFordも個人的には過小評価されすぎというか、知名度がなさすぎると思いますが、このJackは過小にすらなっていない気がして残念です。 

 まずはAllmans在籍時の貴重な動画。この曲とっても長いんですが、Jackのソロのみ抜き出した俺得な動画です。
   


彼がAllmansにいたのは多分98〜99年と短く、この頃のブートを探し当てた時はもう嬉しかったですが、残念ながらこの動画の方が音が良いくらいのものです。 

使用ギターはG&Lかなにかでしょうか。アンプやセッティングは不明ですがとんでもなくサステインがあるんですよね。 



 続いてはギターショーのギブソンブースでデモ演奏する動画。 ギブソンが任せるのだからアメリカではそれなりの知名度なのかと妙に安心しました。 
 


スライドも抜群にうまいんですな。 特に4:20くらいからのオープンチューニング。 最近出たスライドギターのムックで、デレク・トラックスが尊敬するスライドギタリストに彼の名を挙げていて嬉しかったです。何様だ、という感じですが。


この方、単音弾きのとき左手の小指が補助のときちょろっと出てくるタイプで勝手に共感してます。クラプトンなんかもそうですが。

ああ、最終的にはこういうギタリストになりたい!


ブートも含めると20曲くらいこの曲持ってるんですが彼のいるこのライブが暫定2位で好きです。

ちなみに今のところ一番好きなのは「熱風」に収録されたやつかな。

LizReed特集だけでいつか記事書こう。


| Electric Guitar | 21:01 | comments(0) | -